市販で買えるおすすめダイエットスムージーと選び方

「今すぐ買える市販のダイエットスムージーのおすすめはどれ?」
「ネット販売と市販のスムージーで違いはあるの?」

これからダイエットをしようと決意したあなたにとって、効果的かつ効率よく痩せることのできるダイエットスムージーを選びたいはず。

そこで、今回は誰でも手軽に始めることのできる「市販のダイエットスムージー」から、選び方・ネット商品との違い・人気商品を徹底解説していきます。

手軽に始められる市販のダイエットスムージーで、理想の体型を手に入れてみませんか?


今すぐ人気商品をチェック »



市販で買えるダイエットスムージーとは

市販で買える商品
ダイエットスムージーは、美容・ダイエットに関心のある女性を中心に人気がではじめ、今では気軽に近所のスーパーやドラッグストア、コンビニなどで買えるようになりました。私たちの生活に馴染みのある商品になりつつあります。

また、手軽に始められることから、今では定番のダイエット商品としても知られています。

そこで今回、ダイエットスムージーが販売されているドラッグストア「マツモトキヨシ」から、以下の6つのおすすめ商品と口コミご紹介します。



  • 「ベリー&バナナグリーンスムージー」リブ・ラボラトリーズ  LAB
  • この商品はマツモトキヨシのプライベートブランド商品!202種類の植物発酵エキス、乳酸菌を配合、内容量200gで価格1,680円ととてもリーズナブル!


    【原材料】
    増粘剤(キサンタンガム)、ダルコマンナン、甘藷末、クロレラ粉末、明日葉末、サイリウムハスク末、植物発酵酵素、植物発酵酵素、ドロマイト、バナナパウダー、香料(バナナ)、ビタミンプレミックス(ビタミンC、マルトデキストリン、デキストリン、アラビアガム、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD3、ビタミンB12)、ミネラルイースト、酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、ブドウ糖、乳酸菌(殺菌)末、野菜粉末(オクラ、キャベツ、ケール、ニンジン、カボチャ、ゴボウ、サツマイモ、サトイモ、シイタケ、ブロッコリー、アシタバ゛、アスパラガス、枝豆(大豆)、コマツナ、セロリ、ダイコン、ダイコン葉、タマネギ゛、パセリ、ホウレンソウ、レモン、レンコン)、デキストリン、難消化性デキストリン、甘味料(アスパルテーム:L-フェニルアラニン化合物)、クエン酸

    ▼口コミ
    美味しく飲みやすい!




  • 「エンナチュラル グリーンスムージー」メタボリック 
  • このエンナチュラルは、合成分(保存料・着色料・甘味料)は一切使用しておらず、自然派のスムージーです。また、話題のスーパーフードである「ピルリナ」や「ブロッコリースプラウト」なども配合されているので、健康生活を始めるあなたにうってつけの商品となっています。


    【原材料】
    アカシア食物繊維、含蜜糖、コンニャクイモ抽出物、リンゴ食物繊維、野菜末(ほうれん草、ブロッコリー、苦瓜、アスパラガス、さつまいも(アヤムラサキ)、モロヘイヤ、かぼちゃ、セロリ、チンゲン菜、パセリ、人参、桑の葉、よもぎ、トマト)、粉末油脂(乳成分を含む)、クロレラ加工末、果糖、植物発酵エキス末(バナナ、山芋、リンゴを含む)、リンゴ果汁末、アサイー果汁末、オレンジ果汁末、バナナ果汁末、穀物発酵エキス末(小麦を含む)、スピルリナ末、ブロッコリースプラウト末、乳酸菌末(殺菌)/増粘剤(グァーガム)、香料、酸味料、甘味料(ステビア)、V.C、ナイアシンアミド、V.E、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.A、V.B2、葉酸、V.D、V.B12

    ▼口コミ
    スムージーは色々たくさんありますが、人工甘味料などを使用していない商品で手頃に買えるのはこれだけかなと。添加物の入った食品を摂るとすごくお腹を壊すので、こちらは安心して飲めます。 糖類カット・低カロリーで健康に良いスムージー!と謳っても、 添加物入ってたら糖類もカロリー無いのも当たり前で、ちっとも健康じゃ無いかと… 変なもの入って無いですし、リーズナブルで信用できる商品だと思います。




  • 「スリムアップスリム ベジフルレッドスムージー」アサヒフードアンドヘルスケア
  • こちらの商品は、コラーゲンやヒアルロン酸などの女性に嬉しい成分が豊富なので、美しく健康になりたいという方にうってつけの商品です。また、スーパーフード「アサイー」も入っているので、より一層美容効果が期待できます。


    【原材料】
    コラーゲンペプチド、水溶性食物繊維、ホエイパウダー(乳製品)、砂糖、野菜・果実混合汁(人参、リンゴ、オレンジ、その他)、還元麦芽糖、ヨーグルトパウダー、アサイーパウダー、苺粉末、ブルーベリー果汁パウダー、ラズベリー粉末、バナナ粉末、野菜混合粉末、植物発酵エキス末、トマトペースト、乳酸菌粉末(殺菌)、食用油脂、豚プラセンタエキス末、加工でん粉、糊料(増粘多糖類:大豆を含む)、酸味料、クエン酸K、乳酸Ca、卵殻Ca、香料、乳化剤、酸化Mg、着色料(紅麹、野菜色素)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、V.C、ヒアルロン酸、香辛料抽出物、酸化防止剤(V.E、V.C)、ピロリン酸第二鉄、V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、V.A、葉酸、V.D、V.B12、(原材料の一部にごま、くるみ、やまいも、ゼラチンを含む)

    ▼口コミ
    食生活が乱れてきたのでサプリメント感覚で購入しました。牛乳に混ぜて飲みましたが予想以上に 美味しかったです。かなりの満腹感(満足感)もあり、休日の惰性でお菓子を間食するならこの一杯で 十分に満足できます。出勤前の朝食にも理想的です。




  • 「ヤクルトのケール&フルーツスムージー」ヤクルトヘルスフーズ
  • ヤクルトと言えば「乳酸菌」のイメージがありますよね。そんなヤクルトが野菜不足の現代人のため開発したのがこちらの商品。スーパーフードである「ケール」や1日に必要な緑黄色野菜を摂取することができます。

    また、スティックタイプなので持ち運びしやすく、気軽に飲むことができるのでおすすめ。


    【原材料】
    ケールエキス末(ケール搾汁液、デキストリン)、大麦若葉エキス末(大麦若葉、デキストリン)、マンゴーパウダー(デキストリン、マンゴー)、サイリウム種皮、ぶどう糖、果糖、レモン粉末果汁、りんご粉末果汁、デキストリン、ガラクトオリゴ糖/加工デンプン、香料、甘味料(スクラロース)、(一部にりんごを含む) 栄養成分:1袋(8.2g)当たり エネルギー29kcaL、たんぱく質 0.3g、脂質 0.1g、炭水化物 7.2g、糖質 6.4g、食物繊維 0.8g、食塩相当量 0.06g、ビタミンC 4mg、ビタミンK 26μg、鉄 0.2mg、カルシウム 27mg、カリウム 134mg、マグネシウム 6mg、β-カロテン 308μg、ガラクトオリゴ糖 56mg、ポリフェノール 21mg ※この表示値は目安です。

    ▼口コミ
    牛乳で溶かすような説明がありますが水でも飲めます。スムージーといってもそんなにとろみ等なく飲みやすいです。野菜臭さはヨーグルト風味でうまく消えているように思います。




  • 「グリーン酵素スムージー」KIYORA ベジエ 
  • こちらの商品は健康だけでなく、美容面も考えられたダイエットスムージーとなっており、「プラセンタ」「コラーゲン」などの美容成分が配合されています。また、調べると水に溶かした際、ダマにならず飲みやすいという評価を多く見ることができました。

    【原材料】
    水溶性食物繊維、ブドウ糖、大麦若葉末、りんご果汁パウダー、バナナパウダー、ほうれん草末、野菜ミックスパウダー(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、南瓜、チンゲン菜、パセリ、ニンジン、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、トマト)、抹茶、コラーゲンペプチド、グルコマンナン、豚プラセンタ抽出物、野草発酵エキス末(オリゴ糖、砂糖、甜菜糖、よもぎ、うこん、黒砂糖、どくだみ、ハチミツ、高麗人参、その他)、植物発酵物乾燥粉末(デキストリン、黒糖、果実野菜(オレンジ、パイナップル、バナナ、リンゴ、パパイア

    ▼口コミ
    酵素スムージーは色々試しましたが、こちらはフルーツの薄っすらとした甘みで飽きずに飲み続けらそうで気に入ってます。定期便にしました。 




  • 「ミネラル酵素スムージー」Natural Healthy Standard
  • こちらのダイエットスムージーは、202種類の植物発酵エキスとビタミンミネラルを配合しているので、普段不足しがちな栄養を補うことができます。また、人口甘味料も使っておらず、自然な美味しさを感じることができます。


    【原材料】
    イヌリン、大麦若葉末、果糖、マンゴーパウダー(マンゴーピューレ、マルトース、デキストリン)、サイリウムハスク末、油脂調整粉末(乳成分・大豆を含む)、グルコマンナン、エリスリトール、加工黒糖、アカシア食物繊維、抹茶、グレープフルーツ濃縮果汁末、銅含有酵母、亜鉛含有酵母、植物発酵エキス末(カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・バナナ・もも・やまいも・りんごを含む)/増粘剤(キサンタンガム)、香料、酸味料、塩化K、乳酸Ca、甘味料(ステビア)、V.C、レシチン、酸化Mg、抽出V.E、ナイアシン、ラカンカ抽出物、パントテン酸Ca、クエン酸鉄Na、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、ビオチン、V.D、V.B12

    ▼口コミ
    とっても飲みやすくて美味しいです。パックがもうちょっと使いやすいと良いのですが・・・。味は美味しいです。お腹いっぱいになるわけではないのですが、満足感は高いと思います。



    数多くのダイエットスムージーがドラッグストアにありますが、上記の商品はお住いのエリアにあるドラッグストアで入手しやすい商品。その中でも、「ミネラル酵素グリーンスムージー」は比較的有名で、パッケージを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

    ちなみにこれらのスムージーは市販で販売されているだけでなく、ネットでも販売されている商品もあるのでよくチェックしてみて下さい。

    こちらでは身近なドラッグストアで買える商品をご紹介してきましたが、この他にも商品はあるのでぜひ実際に足を運んでみるのも楽しいと思います。では次に、市販のスムージーとネット販売のみのスムージーの成分や効果などの違いをチェックしていきます。


    ネット販売と市販スムージーの違いとメリットデメリット

    メリットデメリット
    市販ダイエットスムージーを先ほど6つご紹介しましたが、皆さんはネット販売のスムージーにどういったものがあるのかご存知でしょうか?

    ここではネット販売のダイエットスムージーを6つご紹介し、市販スムージーと徹底比較!それぞれのメリットデメリットをご紹介していきます。


    ネットで買えるダイエットスムージー6選

     
  • 「ミネラル酵素スムージー」Natural Healthy Standard
  • 「グリーンベリースムージーダイエット 160酵素MIX」IDEA
  • 「イージースムージー グリーン」ODECO.MART
  • 「美的アサイー満腹ダイエットスムージー」kirei美活専科
  • 「マイブレイクレッドスムージー」グリフィン


  • まず最初に結論を言ってしまうと、、、栄養素・味・効果には大きな違いはありません。素材や製法にこだわりがあるスムージーは、どうしても値段が高くなりますから、そういったところが違いとして出てきます。

    そして、肝心の「ダイエット効果」はというと、どれもあります。なぜならスムージーを使ったダイエットは基本的に「置き換えダイエット」と呼ばれ、3色のうちの1食をカロリーの低いスムージーなどの食材に置き換えるからです。

    これは物理的に摂取カロリーが少なくなるため、痩せるということです。

    中には全然痩せない!という口コミネット上で見かけましたが、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば痩せるはずです。運動などで消費カロリーを増やすのは大変だと思うので、根気強くダイエットスムージーで置き換えダイエットに挑戦して見てはいかがでしょうか。

    では、ネット販売と市販のいったいどんな違いがあるのでしょうか?

    メリットとデメリット調べ上げたので、それぞれのご紹介していきます。 


    市販とネット販売それぞれのメリットデメリット

    それぞれのメリットデメリットを表にまとめました。

    市販 ネット販売
    メリット ・商品を手にとって確かめることができる
    ・近くで販売されていればすぐに手に入れられる
    ・ネットで個人情報の登録の必要がない
    ・仲介業者を必要とせず価格を抑えることができる
    ・在庫の心配をしなくて良いので必要な分だけ出荷できる
    ・24時間いつでも販売できる
    ・商品詳細をアピールできる
    デメリット ・足を運ぶ必要がある
    ・商品のパッケージ以外に情報を入手できない
    ・色々な店舗と値段を比較するのが大変
    ・中高年の方などネットでの購入に抵抗がある方もいる
    ・商品を手に取ることができない
    ・商品を手に入れるまで数日かかる



    販売の戦略と仕組み

    ネット販売されているスムージーをチェックすると一度ぐらいは聞いたことがあるでしょう。

    これには「認知度の違い」が大きく影響しています。ネット販売のスムージーは芸能人を起用して商品を宣伝していることが多いため、印象に残りやすいという点があげらます。

    「モデルの誰々が飲んでいるスムージー」といったところから口コミが広がり、メディア露出やTwitter上での広まりで知っている人が多くなったと考えられます。

    また、ネット販売に特化していることから、問屋などの余計な仲介業者がいないため、その分広告費に費用を割くことができます。そんのため、費用がかかるであろう芸能人を起用しているんです。


    おすすめダイエットスムージーランキング

    スムージーランキング
    ダイエットスムージーを始めるにあたり、継続しないことには痩せることができません。

    継続するためには自分の好みにあったダイエットスムージー選びが欠かせません。味を重視するのか、値段を重視するのか、飲んだ人の口コミを重視するのか・・・。

    各要素ありますが、ここでは総合的にバランスの良いスムージーをランキング形式で紹介しましょう。


    第1位 マイブレイクレッドスムージー 6,980円(150g) (市販× ネット〇)

    あのくみっきー(舟山久美子さん)がプロヂュースした人気のスムージー。なんでくみっきー?と思いますが、実は日本ダイエット健康協会主催の「ダイエット検定」の資格を持っているんです。

    そしてその商品はというと、従来のグリーンスムージーにはないような口当たりと味を実現していることが女性の支持を集めています。従来は生野菜を使用したちょっと野菜臭さの残るスムージーが一般的でした。

    しかし、こちらのダイエットスムージーは「アサイー」や「チアシード」などスーパーフードを使用。「スムージーを試すなら、流行のものや評判になっているものを飲んでみたい」という人からの支持が高いスムージーになっています。

    ▼口コミ
    1日1~2包をお水や牛乳、ヨーグルト等 いろいろな食品に混ぜて飲むだけです。 毎朝、ヨーグルトに混ぜて食べてます! バナナの味がして甘くて美味しいです♪ 19.8kcalとカロリーが低いので ダイエットにオススメです!



    第2位 ミネラル酵素グリーンスムージー 2,138円(160g)(市販〇 ネット〇)

    こちらは市販でも購入できますし、ネットからも購入可能なダイエットスムージーです。長年販売されていて、スムージーと言ったらこの商品を思い浮かべる人が多いかもしれません。

    現在はマンゴー味、アサイーバナナ味、ハチミツレモン味、豆乳抹茶味の4種類が販売されています。値段的にもお手ごろですし、ネット購入の場合はシェーカーもついてきて、かなりお得感のあるダイエットスムージーです。

    また定期購入すると、チアシードを追加でもらえるなどお得なポイントが多いのも人気を集めている要因でしょう。

    ▼口コミ
    食欲がない時にサッと飲めるので重宝しています。ダイエットできるのかなと期待しましたが、これだけではお腹が空くので他の物も食べてしまいます。でも1週間くらい飲み続けたら肌の調子が良くなったようです。



    第3位 グリーンベリースムージーダイエット160酵素ミックス 2,700円(300g)(市販× ネット〇) 

    内容量を考えると、非常に割安なスムージーです。比較的甘みの強さが感じられるスムージーで野菜臭さがなく、老若男女から人気があります。

    牛乳で割ると、さらにまろやかになります。160種類の植物成分が入っているということで栄養価もかなり期待できる青汁になっています。

    ▼口コミ
    最近食べ過ぎてしまい胃が大きくなったため酵素ドリンクやスムージーを購入!こちらのスムージーがヒットでした☆美味しい、満腹感、作りやすい、特に満腹感を求めていたのですがかなり満足度アリです。プライム会員で次の日届きましたしなくなりそうになったらまた注文します!



    第4位 イージースムージーグリーン 6,480円(181g)(市販× ネット〇)

      こちらの商品は2017年に販売された比較的新しいスムージーです。多くの芸能人の方がブログやツイッター、インスタなどにアップしたことがきっかけに人気が急上昇しました。

    特徴としては、食物繊維を多く配合していること。食物繊維といえば血糖値の上昇を抑えて、お腹の調子を整えてくれるものです。食前に摂取することで急激な血糖値の上昇が抑えられ、コレステロールや中性脂肪がたまりにくくなります。

    食物繊維は消化されずに、小腸を通って大腸まで達する食品成分です。便秘の予防をはじめとする整腸効果だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの生理機能が明らかになっています。
    引用:「食物繊維の必要性と健康」e-ヘルスネット



    特に「お肉が大好き!」、「ご飯の量は減らしたくない」という人におすすめのスムージーです。 

    ▼口コミ
    美味しいかと言うと味が薄いので可もなく不可もなくという感じです。 摂取目安を超えて入れれば味が濃くなって美味しく飲めました 濃い目に作ってもOKみたいです。自分は濃い目に作って飲んでました ダイエットの実験結果とドクターもお勧めするスムージーなので安心感があります


    第5位 ヤクルトのケール&フルーツスムージー 1,500円(123g)(市販〇 ネット〇)

    ヤクルトから販売されているスムージーということで安心感が人気の要因の一つ。@コスメでも口コミ数が多く、その人気の高さがうかがい知れます。

    栄養面で見るとケールが入っています。ケールといえば、青汁に使われるような食材です。苦味があって、ちょっと敬遠されがちですが、高い栄養価を誇るのでヤクルトでは、スムージーの中に配合しています。栄養重視の人には、特におすすめの青汁です。

    ▼口コミ
    ケールと大麦若葉にフルーツ、オリゴ糖などの成分が配合された 粉末のスムージー。 私は牛乳でシェイクしていただくのがおいしくて気に入っています。 ちょっと野菜が足りていないときや、栄養補助の1品として取り入れていますが マンゴー風味なので 青臭くなく飲みやすいです。




    【まとめ】スムージーをどこで買う?


    これまでに市販のダイエットスムージーにどのようなものがあるのか、ネット販売のスムージーとの違い、人気商品ランキングをご紹介してきました。

    ランキングの中でご紹介した「ミネラル酵素グリーンスムージー」は値段も2,138円とお手頃ですし、お近くのドラッグストアで簡単に手に入れられるのでおすすめです。

    一方、ネットでしか購入できない「マイブレイクレッドスムージー」などの商品は成分にこだわっているので、1ランク上のダイエットスムージーを試してみたいという方はネット通販で購入するのも良いでしょう。

    今すぐ始めてみたいというダイエットスムージー初心者の方は、ドラッグストアなどの市販商品が良いでしょう。商品にこだわりたい、過去に市販スムージーに挑戦したことがあるというあなたはネット販売の商品を試してみてはいかがでしょうか。

    そして!どのダイエットスムージーが良いか決められないというあなたは、当サイトが独自で調査した2018年ダイエットスムージーランキングをご覧の上、商品を選んでみてはいかがでしょうか。



    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事